学生時代、田舎の山を歩き回ってたらおかしな村に行き着いて歓迎された⇒夜寝ているとその村に住む少年に起こされて一言「今すぐ逃げろ!」

学生時代、田舎の山を歩き回ってたらおかしな村に行き着いて歓迎された⇒夜寝ているとその村に住む少年に起こされて一言「今すぐ逃げろ!」
1: 名無しさん 2014/04/17(木)00:39:54 ID:nAyBccxrT
不思議な村に行った話
を一方的に貼り付けたいんだけど
ここでもいい?書き溜めてる
3: 村人A 2014/04/17(木)00:42:54 ID:nAyBccxrT
自分の体験した少し現実味のない話です。
自分自身この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはない。
それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況にあるかすらも定かではない。
少し不気味で長くなるります。コメントに対する返事もできないです。
時間がないので文章が変なところがあるかもしれません。
結構前の事なので忘れていることもあり、会話や情景など、ところどころ思い出しの定かでないものが入りますが、話の流れは本当です。
それに、こんな非現実的な話を聞いても普通は信じられないと思います。
無理に信じなくてもいいですし、話半分に見てくれてかまいません。
それでもいいと言う人は読んでください。これは大学三年生の春休みの話です。

 当時僕は大学進学で中国地方の、ある県で一人暮らしをしていました。
大学に行ったことのある方ならわかると思いますが、大学生の春休みは非常に長く僕は開始一週間ですでに時間を持て余していたのを覚えています。
僕の学校の裏には少し小高い丘のような場所があり、そこはいくつもの企業が連なって建っている企業団地のような感じでした。
先にも書いた通り時間の有り余っていた僕は、そこは道も広く景色もいいので、前から一度探索してみたいと思っていたこともあり、運動がてら行ってみることにしました。

次ページへ続きます