神様、宇宙人説を信じている奴いる?

神様、宇宙人説を信じている奴いる?
1:天之御名無主2010/09/15(水) 08:13:19
神話や伝説上の神について。

1,完全な創作
2,異邦人などを見た原住民が神と勘違いした
3,他の天体から飛来した知的生命体

ラエリアン・ムーブメントの異星人・エロヒム説
ゼカリアシッチンのアヌンナキ説

まぁ、想像の話になっても良いので、語りましょう!

3:天之御名無主2010/09/15(水) 11:02:45
>>2
神乙

4:天之御名無主2010/09/15(水) 11:04:37
>>3
まず1乙ダロがボケ

5:天之御名無主2010/09/15(水) 23:42:51
ラエリアンは楽しいね
なんか地球上にない科学がさりげなく出るらしい
そして時間が経って当たるとか

ラエリアン・ムーブメント(Raelian Movement)はラエルことフランス人ジャーナリスト、クロード・ボリロン・ラエルが創始した非営利ボランティア団体(宗教法人としての登録はされていない)。

公式アナウンスによると、ラエルは1973年12月13日にフランス中部で遭遇した異星人「エロヒム」から人類の起源と未来に関する重要なメッセージを受け取り、そのメッセージを地球人類に普及する事を目的としてこの団体を創立した、とされる。メッセージは公式サイトよりダウンロードして無料で読むことが出来る。
wikiより引用

6:天之御名無主2010/09/16(木) 14:44:19
ナスカの地上絵が描かれた時代には気球があったとか言われるし、古代の地層に核分裂だか核融合だかで出来た焼け跡があるとか言われるし、超古代文明の存在ははっきりとは否定できないそうですね。
こりゃ宇宙人が太陽系第三惑星をテラフォーミングして住み着いたその子孫が俺たちってのもありえるわな。
宇宙船だか地下に埋めた基地だかで管理職やってたのが天津神で、地上に降りて生活していたのが国津神、か。

73:天之御名無主2010/10/26(火) 05:52:58
>>6
ナスカの地上絵って気球無くてもちゃんとした
計画性さえあれば作図できるはずでしょう?
なんか、余計な期待だけ膨らましてるような気がするな。

74:天之御名無主2010/10/28(木) 01:40:58
>>73
描くのに気球は要らないが、描いたものを見るために気球が必要。
自分たちで見る必要はない、100%天のために描かれた絵なんてものは正直説得力がない。
ただ、当時の技術じゃコントロールできる気球もおそらく無理。飛びっぱなしで降りてこない気球しか作れない。
そんなわけで、遺体を気球に載せて飛ばす葬儀が行われていたのではないか、という説がある。地上絵は死者への餞というわけ。

7:天之御名無主2010/09/16(木) 15:42:11
それはありえるな
ダーウィンも人間の進化だけよくわからなかったらしい
あと南米のオーパーツに複数の明らかに宇宙服の人形があるが、それが天空から降りてきた神の人形なんだよな

9:天之御名無主2010/09/17(金) 01:38:45
最古の文明で突如できたシューメール文明の粘土板の記述によると、自分達に知識と文明を与えてくれたのはアヌンナキという天空から降りてきた神々と残されてる
人間が理解できる程度に知識をあたえたと思われる
ちなみにシュメール人によるとシュメール人にも神の遺伝子がはいってるらしく、ラエルの言ってる事と大体は一致してる

10:天之御名無主2010/09/17(金) 05:06:01
真面目に考えれば、そういうのは他所から現れた人物・民族を神格化しているとするのが常識だろうが、男の子なんだからやっぱり夢を見ていたい。

次ページへ続きます