地方にいまだに残っている風習とか言い伝えを紐解いてみようぜ。

地方にいまだに残っている風習とか言い伝えを紐解いてみようぜ。
7: 天之御名無主 2014/09/08(月) 12:53:03.67
私の郷里では、数え年7歳になった子の七草祝いを正月7日に行っています。
7軒の家を廻り、七草粥を頂きお祝いをし、神社に詣でて今後の健康と成長を願うお祭です。

 7軒の家を廻るので「ななっとこい」とも呼ばれます。

8: 天之御名無主 2014/09/08(月) 19:38:44.10
下の歯が抜けると屋根の上に投げあげる
9: 天之御名無主 2014/09/09(火) 08:01:37.40
>>8
東京都でも同じことをするよ。
「鬼~の歯と換えとくれ~」
と唱えながら、下の歯は屋根に、上の歯は縁の下に投げ入れる。
10: 天之御名無主 2014/09/10(水) 16:05:19.52
山梨県に「初鹿野(現在は甲斐大和)」という集落がある。
天目山のある村で、そこでは近年まで火葬場がなく土葬だった。
現在では廃れてしまっているだろうが、当時は墓には必ず、傘と鎌を差しておいた。
傘は雨が降っても仏様が濡れぬよう、鎌は山犬(狼)が死体を食うために
掘り返さないようの用心だった。

土葬の墓に傘と鎌が挿してあるさまは、土地の人々の死者への思いをあらわして風情あるものだった。

傘は昔は「番傘」だったろうから、番傘が朽ちるころには仏様もいいぐあいに
骨になったろうから、そのための目安でもあったかも知れない。

14: 天之御名無主 2014/11/21(金) 15:26:41.41
ザルを被ると背が伸びない
23: 天之御名無主 2015/01/09(金) 04:25:56.03
>>14
あったなあ!
思い出してビックリした
15: 天之御名無主 2014/11/21(金) 23:54:42.03
色々あるなあ…
次ページへ続きます